葬儀はシンプルから一般葬・社葬・合同葬までさまざまなプラン

葬儀に招待されたらいくらお金を包んでいくのかを考える

葬儀はシンプルから一般葬・社葬・合同葬までさまざまなプラン 葬儀に招待されて、参加する事になったら次に考えて行くのが、いくらお金を包んでいくのかという事です。招待されて、何も持参しないというのでは、マナー的には問題がでてきますので、きちんと一定額のお金を専用の袋に包んで持参していくようにします。そこで額自体に明確なルールというのはないです。ただ、あなたと関係性が深い人または関係性がそこまで深くない人によって、額を変えて行くのが一般的です。もちろん、関係性が深い人の葬儀に参加する時には、額を高くしていく事が必要です。1万5千円前後ぐらいは包んでいくようにします。

あくまで気持ちの部分とあなたの金銭的な状況もありますので、それを考慮して額を決めていきます。ただ、関係性が深い人の葬儀の場合は、気持ち多めにというのが大事という事です。関係性が深い人の葬儀であまりに少ない額ですと、少しあなたの気持ちが相手に伝わらない可能性がありますので、その点は把握しておくようにします。なかなか、どれぐらいの額を包んでいけばいいのか迷う部分ではありますけど、自分なりに考えて判断していきます。また、インターネットで調べたり、専門の人に聞くと、平均的な相場を把握できますので、それを目安に準備するのも1つの方法になってきます。

Copyright (C)2019葬儀はシンプルから一般葬・社葬・合同葬までさまざまなプラン.All rights reserved.