葬儀はシンプルから一般葬・社葬・合同葬までさまざまなプラン

葬儀のお通夜と告別式、火葬の役割

葬儀はシンプルから一般葬・社葬・合同葬までさまざまなプラン 葬儀は故人との別れを惜しむ場です。そのため本来は、しなくてはいけないという義務ではありませんでした。しかし時代が下るにしたがって、葬儀は人が亡くなった際の半ば義務となってしまっています。もう戻らない人に対する悲しみが、葬儀という形態を形作っているわけなので、現在需要が高まってきているコンパクトな形の葬儀は、本来の葬儀の意味により近い形であると言えるのかもしれません。

長い間病気を患っていたとしても、医師から最後を告げられると、覚悟はしていても戸惑いを感じない人はいないはずです。別れというのは本当に受け入れがたく、つらいものであるからです。その別れを受け入れるために、お通夜という遺体のそばで過ごす儀式はあります。地域によっては、生きているときと同じように接する場合もあるそうです。このためお通夜は、身内だけで行うことも少なくありません。故人と親しい関係にあったのは家族だけではないので、生前交流のあった人たちが、故人に別れを告げる場というのが告別式となっています。告別式には、残された家族を慰める意味もあると言われています。そして、別れを終えると荼毘に付します。悲しいことではありますが、人もなくなるとその体は腐敗を始めてしまいます。故人の良き姿を記憶にとどめるため、またその尊厳を守るために火葬が行われます。

ここまでの流れを一般には葬儀ということが多いよいです。しかし、この短い期間における儀式だけが葬儀ではありません。故人との別れを悼み、故人を偲ぶすべての作業を葬儀と呼ぶこともできるでしょう。

Copyright (C)2019葬儀はシンプルから一般葬・社葬・合同葬までさまざまなプラン.All rights reserved.